バストアップサプリメントに頼る前に

サプリメントやマッサージ、体操までしたけど全然バストは大きくならなかった。そんな方はいらっしゃいますか? サプリメントや栄養ドリンク剤は、金額的にもかなりの負担ですよね。それが目に見えて結果が残せないと、非常に悔しいです。
バストアップサプリメントの人気ランキング!

しかし一方で、効果を実感した人がいるのです。この違いはどこから来ているのでしょうか。 理由は様々あります。 胸が小さな家系というものはありますが、ストレスが女性ホルモンの分泌を減らしたためということもあります。

つまり、サプリメントやマッサージ以前に、乳房を成長させる土台がしっかりしていないということです。 女性ホルモンとは、単に体が女性らしくなるというものだけではありません。

コラーゲンの生成を促進し、肌や髪の毛などを健康に保つよう働きかける他、骨の密度を保ち、美容に影響を与えています。 また、精神の安定につながるなど、ないがしろにできないほど多くの役割を担っています。

そんな女性ホルモンが減少すれば、卵巣の働きが低下し、乳房を成長させることもできなくなります。 サプリメントやマッサージなどは、あくまで補助的な役割ととらえると良いのではないでしょうか。

つまり、女性ホルモンの分泌が盛んで、乳房を成長させるための土台を作るところから考えなければならないのです。 また、体の冷えは女性ホルモンの減少を促してしまいます。

もともとの体質もあるでしょうが、日常の過ごし方で冷えを改善するような対策も必要です。 さて、体つくりの準備ができましたら、バストアップのサプリや運動を取り入れてみましょう。

サプリメントは、女性ホルモンの分泌の助けとなってくれます。よく知られているものとして、プエラリアがあります。

ただし、サプリメントの成分がバストに直接働きかけるわけではありません。あくまでも女性ホルモンの分泌の補助です。 それだけに、サプリメントだけにバストアップの効果を期待してはいけません。

まずサプリメントの効果がないと嘆くよりも、日ごろの体を冷やさない日常の見直しをしてみてはいかがでしょうか。
医療法人 秋田病院

ダイエットしながらバストサイズを維持するには

「ダイエットをしたら、バストまで小さくなってしまった」という話をよく耳にします。 体の余分な脂肪分を減らすのが、ダイエットの目的の1つなので、脂肪が大部分のバストが小さくなるのは、ある意味仕方ないかもしれませんが、できればバストのサイズはキープしつつ痩せたい、というのが本音ですよね。

それでお勧めしたいのが「程々ダイエット」です。「過ぎたるは及ばざるが如し」で、何事もやり過ぎはよくありません。効果的に体重を落としながら、バストサイズを維持できるダイエットを心がけましょう。

まず食事です。糖分や脂肪分はダイエットにとって大敵ですが、完全にシャットアウトするのはよくありません。適度な糖分と脂肪の摂取は問題ありません。

その他、女性ホルモンの分泌を促進する、豆類を摂取することを心がけましょう。例えば、牛乳を飲んでいるのなら豆乳に替えてみるとか、意識して豆腐や納豆を食べるようにすれば、カロリーも少ない上に女性ホルモン分泌も促進してくれるので一石二鳥です。

次に運動ですが、ダイエットに有効な運動として「有酸素運動」がありますが、これについてもやり過ぎは禁物です。

例えば水泳やジョギングといった運動は効果が強すぎて、バストサイズが小さくなる恐れがあります。自転車やウォーキング、プールでの歩行といった運動は、上半身への刺激も少ないのでお勧めです。

その他に、バスト以外の部分の引き締めを行うというダイエット方法もあります。相対的に胸を大きく見せるようにする訳です。

効果的なのは、腹筋と背筋の引き締めです。腰を痛めない程度の軽い腹筋運動や、バンドを使った背筋運動等が良いでしょう。

ウエストの引き締めも、バストを際立たせるのに効果的です。両手を顔の横に持ってきて、身体を左右にねじる運動が、手軽にできてお勧めです。

ダイエットでバストサイズを維持するためには、食事にしろ運動にしろ、常に「程々」を心がけるようにしましょう。

バストが小さい人のためのブラジャー使い分け

バストが小さい方用の補正ブラジャーは、デザイン的には今ひとつですが、バストアップという観点では効果的です。また、通常のバストが小さい方向けのブラジャーは品揃えも豊富で、デザイン的にもおしゃれで可愛いものが多いです。

この2つのタイプのブラジャーをTPOによって使い分けるというのもありではないでしょうか。

まず、人と会ったり、出かけたりするような予定が特にない日には、基本的に補正ブラジャーを着けてバストアップに努めましょう。補正ブラジャーは継続的に着用すればするほど効果が上がります。きつ過ぎず、ゆる過ぎないものを選ぶようにしましょう。

補正ブラジャーは、カップ以外の補正する部分の比率が大きいですが、カップ自体は小さくて、寄せて支える部分が大きいものの方が、補正力が高いのでお勧めです。小さいカップの部分にバストを入れ込み、形をキープさせることがバストアップにも効果的なのです。

そしてデートや女子会等、予定がある日は、かわいくておしゃれなブラジャーを着けていきましょう。

この時大切なのはブラジャーを付ける際の姿勢です。「屈んで付ける」ことを心がけましょう。バストをサイド・アンダーそれぞれから寄せて、カップの中に入れましょう。

ブラジャーを選ぶ際は、必ず試着をするようにして下さい。アンダーバスト付近のワイヤーが痛くなることがあるので、あまり固すぎないものを選んだ方が結果的に長く使えます。

最近はサイドからアンダーに、リボンのデザインが入ったものがみられますが、これは実は単なるデザインだけでなく、バストを中央に寄せる機能もあるのです。見た目も可愛いので一石二鳥ですよね。

また、パッドについては、パッド入れが大きくて、追加で入れられる余裕があるものがお勧めです。 もう1つ大切なのが、サイドから中央にお肉を寄せる機能があるかどうかということ。夏場等は下着のラインが出ますから、横のお肉のダブつきは避けたいですよね。

ページの先頭へ