卒乳後のバストの悩みと対策

赤ちゃんがお母さんのおっぱいをたくさん飲んでくれると、とても幸せな気持ちになりますよね。けれども授乳が終わり、自分の胸を見てみると以前よりふくらみが足りなかったり、位置が下がっていたりしていませんか。卒乳後のバストの悩みは意外と多いものです。

なぜ授乳後に、乳房の形が変わってしまうのでしょうか。 女性の乳房は、特に出産後ですと母乳のために膨らみます。しかし母乳がなくなれば、乳房という容器はしぼんでしまうのです。

さらに赤ちゃんが吸ったという原因もあるでしょう。 なにより、出産後は乳房を発達させる女性ホルモンが減少してしまうのです。   では元に戻すためには、どのような努力をすればよいでしょうか。

赤ちゃんのお世話で忙しいお母さんには、補正ブラジャーを使用し、乳房の位置を正していく方法があります。 このようなブラジャーは、アンダーバストや脇から肉を引き寄せて持ち上げることにより補正します。

しぼんだ乳房は張りがなくなり柔らかい状態ですので、支えてあげなければ重力に負けてしまいます。 それを防ぐにはバストアップの体操や、内側から大きくするサプリメントはいかがでしょう。 また手軽にバストケアできる方法は、食事にイソフラボンを取り入れることです。

イソフラボンとは女性ホルモンであるエストロゲンと似たような働きをします。 それは最近女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることで注目されています。大豆に含まれていることはよく知られていますが、葛の根にも含まれています。

豆乳や豆腐を積極的に摂取すると、イソフラボンを摂取できます。 さてこのイソフラボンの効果は、バストにハ張りをもたらしてくれます。

そして自分に合ったブラジャーをつけるということです。これはお店の人と一緒に確認をしてください。自分で思っていたサイズと違う場合もありますし、年齢に合わせてブラジャーの選び方も変わってきます。

また胸筋を鍛えることによって、乳房の上部に膨らみを取り戻すことができます。 なんにせよ、乳房は年齢や状況と共に形を変えていくものです。だからこそ修正できる時期とも言えます。 ほんの少しの努力を惜しまず、卒乳後だからこそバストケアをしましょう。

ページの先頭へ